作成者別アーカイブ: yucoon

2017年の夏は・・・

暑くて湿気たっぷりの今年の夏の夜。雷の音かと思って窓の外を見たら、東の空に花火。

数日あけた雨上がり、西の空にも大きな花火。家でみんなで夜中まで、飲んだり食べたり喋ったり、歌ったり、弾いたりの週末もあったり。

お盆は、深川の水かけ祭り。初詣はいつも富岡八幡様に行くのに、夏のお祭りは初めて。三年に一度の本祭りということで、お神輿もたくさん。江戸の活気が感じられて凄かったり。

水曜日のシネマデイ。気になっていたアイルランドのアニメーション映画「ブレンダンとケルズの秘密」と「Song of the Sea」を2本続けて鑑賞。テーマも音楽も大好きな世界。雨ばかりの8月に久しぶりの晴れ間。恵比寿ガーデンプレイスを散歩したり。

夫の故郷、大曲の花火。実際に見た時の凄さを思い出しながら、テレビで鑑賞したり、秋田から届いた稲庭うどんを頂いたり、秋田の美味しい日本酒を頂いたり。

特に何もないまま過ぎてしまった夏のようだったけれど、手元の写真を見てみたら、意外といろいろあったかも。。。急に秋がやってきて、ひと息つくようなホッとするような感じもあり、そろそろ制作しなければ…という焦りも感じつつの今日このごろ。 9月の初日の今日は思いのほか涼しくて、カレンダー通りの秋が来たのを、肌で感じているところなのでした。

ハリネズミのマトリョーシカ

ハリネズミのマトリョーシカを作って欲しいとご注文をもらってから、だいぶお待たせしてしまい、ようやく納品。 写真だと大きく見えますが、小さな9㎝の三体組です。ハリネズミを可愛がっている娘さんへのプレゼントということで、喜んで頂けたみたいでした。…よかった。

鶴の扇子

お友だちの会社から頂いたお仕事。 会社設立20周年の記念品として、お取引先に配るための扇子を作りたいということで、原画を頼まれ、水彩で鶴を描きました。 出来上がりの連絡をもらって完成品を頂いてきたら、香り付きの立派な扇子に仕上がっていました。絵がこういう形になるのはなんだか嬉しくて、ありがたいものものです。

銅版画の会「四角い空」展

目黒の銅版画の会「四角い空」の展覧会に参加します。

「四角い空」展は画家、古茂田杏子先生率いる銅版画教室の展覧会です。2年に一度開催されています。

  • 2017年7月7日(金)〜 7月13日(木)
  • 11:00-19:00(日曜18:00最終日17:00まで)
  • 青木画廊3F「ルフト」中央区銀座3-5-16島田ビル

毎度おなじみのDMの絵は、おおらいえみこさん作です。思いっきりプレス機を回す女の子が、毎度カワイイ。

わたしは、小さい銅版画3点くらい出品します。 銀座界隈へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

ラビアンローズ

マトリョーシカ「ラビアンローズ」 薔薇色の人生「ラビアンローズ」 芽が出て、蕾から五分咲き、大輪のバラが咲くまでのバラの一生をマトリョーシカの五体組で表現しました。ロシアではマトリョーシカは、次々に人形が出てくることから、子宝や家庭円満の象徴とされ、縁起の良いものとして親しまれています。 オリジナルの一点ものなので、贈り物にも良いのではと。。webshop iichi yucoon art worksに追加しました。

「帰ってきたエクスプレッションズ」展

めまぐるしく様変わりする世の中で、ずっと変わらないものがあるって、何にもかえがたい価値があるような気がします。 国分寺にある名曲喫茶「でんえん」は今年で創業60周年という、まさにそんな場所。 9年前に51周年企画として個展をさせていただいたことがありますが、今回はこの昭和の空気たっぷりのお店の壁を飾る、グループ展に参加します。
帰ってきたエクスプレッションズ展 名曲喫茶「でんえん」 国分寺市本町2−8−7 2017年6月3日(土)〜25日(日) 13:00〜19:00(木曜定休)

板泰司・イトウジュン・オーライタロー・おおらいえみこ・小原馨・樺山真理・小島香・清野浩二・鈴木至・鈴木美枝・玉置一仁・勅使川原かおり・ニイゼキヒロミ・西澤ゆみ子・藤田俊哉・本多要・吉岡里実・高島美希・林昭子・小山ゆうこ

学生時代に通っていた国分寺はわたしにとっては、懐かしい場所。ぜひ、今もまだある古き良き落ち着いた空間で、総勢20名の作家の作品と、コーヒーをお楽しみいただければ幸いです。

マトリョーシカ「Sailing」

新緑の5月も半ばを過ぎ、早くも晴れた日には、夏の空気が混ざるようになってきました。 まだ、夏にはひと足早いですが、船乗りの少年とタレ耳のワンコ、気ままなカモメの3体組マトリョーシカを、iichiの作品ページに追加しました。  iichi *yucoon art works*  

柊展vol.36終了しました。

2017年ゴールデンウイークの最中、柊展は盛況のうちに終了しました。昨年までの高島屋ステーションモールから、新しく建設された柏市の文化施設に場所を変えての開催でしたが、たくさんのお客様のご来場は変わらず、多くの方々に観て頂けたようでした。 わたしは主に、昨年の個展で発表したテンペラを展示しました。 終了後、4日間で1400人を超える来場者数の報告がありました。この会に参加して10年以上になりますが、毎回びっくりする程の人数です。 毎年楽しみにしているというお客様もいらっしゃるようで、長年にわたり回を重ねるということの力と、地域の温かみをあらためて感じました。この会がきっかけでのご縁もあったりして、今回もまた励みになりました。どうもありがとうございました。

柊展Vol.36

今年も「柊展」に参加します。 2017年5月3日(水・祝)〜 5月6日(土) 10:00〜20:00(初日12:00〜・最終日18:00まで) 柏市民ギャラリー 柏市柏1−7−1−301 DayOneタワー3Fパレット柏 tel 04-7157-0280今年から、ギャラリーの場所が変わりました。 わたしはテンペラの小品を10点くらい出品します。 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

春の足ぶみ

いよいよ来たかと思うと冬が戻ってきたりで、駆け足ではなく足ぶみしているような春。今年の東京の桜は、開花から終わりまでずいぶんゆっくりだった。 次の展示まで間があくし、アトリエもごちゃごちゃしてきたので、今がチャンス!とばかりに部屋を模様替え。増えた本、しばらく使わなかったもの、もう着ないもの、押入れの中まで全部出して、処分したり、整理したりと片付け三昧。思い出のものが出てきたりすると、あれこれ思い出したりしながら、それは大事にしまったり飾り直したり。 子育てしている間は、子どもたちにとにかくご飯を食べさせて、身の回りの世話をして、幼稚園やら学校やら習い事やらで毎日が一生懸命だった。夫のおかげで家のことと子育てに専念できたのはありがたかった。わたしのような人間では働きながら子育てするのは多分無理だったと思う。様々な支えがあって、日々の暮らしを積み重ねて、子どもたちは心身ともに大人になった。 わたしは育児の合間に、何かにつき動かされるように、誰に見せるでもない絵を描いていた。版画やテンペラをやる前の、その頃の絵は大きくて重くて暗い。何かを吐き出すようにして描いていたんだろうと思う。描けば描くほど保管に困り、キャンバスを木枠から外して丸めてしまっておいた。そんな過去の作品の束が、押入れの奥からたくさん出てきた。これらを広げることは、もうないだろうな。わたしが死んだら、家族はこの作品の処分に困るだろうな…。そんなことを思いながら、その大きくて暗くて重い作品の束をいっぺんに処分した。同じようなものを描きたくなったら、また描けばいい。そんなふうに思えるようになったのも今だから、かもしれない。つべこべと書きなぐっていたようなノートの類も、ひとまとめにして処分。そうしたらなんだかさっぱりして、身が軽くなったような感覚になった。何かリセットされたみたいに。。。 そんな作業が落ち着いたところでホッとひと息。不安定なお天気の晴れ間を見計らって、近所でお花見をした。ここへ来たばかりの頃、まだ若木だった桜の木も、年々成長して立派になっている。子どもも桜も成長したけれど、わたしは、、どうなんだろう.....。