路地裏の「裏庭」を終えて

銀座ギャラリー路地裏での個展「裏庭」終了しました。

ギャラリー路地裏のこの看板文字は、かの編集長、嵐山光三郎氏が書いたものだそうで、かつて此処は、出版に関係する人々や作家の交流の場であったとか。

文字通りホントに路地裏にあるギャラリーなので、看板を頼りに初めて来たというお客様も、キラキラと華やかな銀座の中で、隠れ家みたいに残っている昭和な佇まいにちょっと驚きつつも、楽しんでくださったようでした。わたし自身もそんな面白い場所で個展ができて良かったです。ご縁に感謝。

10月の初めから2週間にわたり、銅版画とテンペラ合わせて、約36点展示しました。

前半はお天気がちょっと不安定でしたが、2週目からは秋らしく落ち着いた日も多くなり、会期中はたくさんの方々にお越しいただき、感謝ひとしおの日々でした。

版画とテンペラを同時に展示するのは、久しぶりでもあり、励みになるお言葉もたくさん頂きました。そういえば初めての個展も銀座だったなぁ・・とか、そんな何年も前から、ずーっと見てくれている人や友達や家族の存在が、あらためてしみじみとありがたかったり、新たなご縁も嬉しかったりで、充実の個展週間でした。お迎えいただいた作品の発送なども全て終わり、今年の展示はこれで一段落です。

近年、芳名帳にはお名前のみ、という方も多く、御礼状は失礼してこの場を借りてお礼申し上げます。お忙しい中お越しくださったみなさま、関心を寄せてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

気づけば秋もぐーんと深まり、早くも次の季節を感じさせます。次回の個展はまた来年、春の横浜を予定しています。今年があと2ヶ月あまりだなんて!思うとなんだかせわしないですが、あと2ヶ月もある、、と思うことにして次に向けて少しずつ、準備ができればと思います。